Photoshop

2016.10.17 2016.10.27

簡単!シルバーホイルテクスチャーの作り方!フォトショップ編【チュートリアル】

タグ:, , ,

こんにちは!
WEB制作担当をしているまっちゃんです!

Photoshopで簡単に作れるしわしわの感じのメタル系「シルバーホイル」のチュートリアルを画像と一緒に説明します!

「雲模様1」で土台を作る

雲模様は設定している色が影響するので、「背景色が黒」と「描画色が白」になっている事を確認する。
「フィルター」>「描画」>「雲模様1」で、モヤモヤの画像ができたら次のステップです。

フィルターギャラリーの「ガラス」加工

ここの数値はお好みの仕上がりになるまで調整してください。

ここでの数値は…

・ゆがみ「16」
・滑らかさ「2」
・テクスチャ「霧付け」
・拡大・縮小「150%」

に設定しました。

完成までもう少し!

それっぽくなってきましたね!
あともう一手間を加えるだけで、もう少しリアルなホイル感が出せます!

「トーンカーブ」で明るさを調整

「トーンカーブ」で適度な明るさまで引き上げます。
これで、もっとメタル感が強くなります!

光感を出すために「グラデーション」をかける

「新規レイヤー」を作成します。
左メニューから「グラデーションツール」で、白黒のグラデーションをかける。

描画モードを「ソフトライト」に!

グラデーションをかけたレイヤーの描画モードを「ソフトライト」にします。
これでホイルが反射しているような光感が出ます!
白い部分は明るく、黒い部分は少し暗くなるので、グラデーションを何回かかけてお好みの光感が出るまで試してみてください。

「不透明度」は、画像を見ながらお好みで調整してください。
ここでは50%に設定しました。

これで完成です!!!

最後に

「ガラス」加工の調整を変えるだけで、いろいろなパターンができるので、無料素材を探してくるよりも作る方が試してみて時短になります!
文字を切り抜くとグリッター文字っぽくなりますし、いろいろと試してみて下さいね!